フェイバリット ケータリング&スイーツ

フェイバリット ケータリング&スイーツ

facebook instgram

ケータリングの種類や活用シーン

はじめに

ケータリング

パーティー会場などで最近よく耳にする、「ケータリング」というサービスをご存知でしょうか。
ケータリングサービスは、デリバリーのように食事を届けるだけではなく、様々な魅力があるため、ますます需要が高まっています。イベントの幹事を任されている方は、知っておいて損はないサービスといえるでしょう。
そこで、上手にケータリングを利用するために、基本的なケータリングに関する知識をご紹介します。

ケータリングというサービスを知っていますか?

女性

ケータリングとは、パーティー会場などに出張して、そこで料理を作って提供し、食卓の設営から配膳まで行うサービスのことです。
つまり、開催されているイベント会場で出される食事に関する様々なことにおいてのトータルサポートが可能です。
食事を外部に発注するといえば、出前、つまりデリバリーがこれまでは主流でしたが、デリバリーが食事を会場に届けるだけなのに対して、ケータリングは食事を提供するところまで行うことが最大の魅力です。

場が華やかになるコーディネート

ケータリング

ケータリングを利用することで、単に食事が並ぶだけでなく、時に数十種類ものテーブルコーディネイトで、場の雰囲気が一気に盛り上がることでしょう。
デリバリーとは異なり、その場で調理されるものも多いため、より手の込んだ、なおかつ見た目の美しさにもこだわった料理が提供され、会場の華やかさが大いに増します。 同じ料理でも、プロが配膳する場合と、デリバリーで届いた料理を素人が配膳している場合では、これほど見せ方が変わってくるのかと感心せずにはいられないほど、圧倒的な存在感で出席者たちの注意を料理に集めることになるでしょう。

豪華な料理や見た目に美しい料理を提供することができれば、そのパーティーの格式や人気も高まります。何かの幹事を任されてパーティーを仕切る場合には、ケータリングという選択肢を考えておくとよいでしょう。

世界各国の料理を提供

世界地図

ケータリングで提供される食事の種類も、非常に様々です。
イベントの種類に応じて、適した料理をチョイスすることができるでしょう。
例えば、寿司料理などを含む日本料理・フランス料理・イタリア料理・フランス料理・インド料理・トルコ料理・ベトナム料理・タイ料理などです。

しかも、時に一流レストランで提供されるような料理まで対応することが可能です。ローストビーフや、シェフこだわりの逸品など、単なる宅配では実現できなかった繊細な料理も堪能することができるでしょう。
もちろん、新鮮な素材をその場で調理するため、一番おいしいタイミングで楽しめるのもケータリングならではの魅力といえます。

様々なご要望に対応可能

スーツ女性

ケータリングの場合は、こうした数ある料理を、予算や会場の大きさ等、ケースバイケースでの対応が可能なため、イベントの規模や参加者の人数など細かく打ち合わせをすることで、だれもが満足できる食事を提供することができるでしょう。
便利なうえにおいしく、それでいて融通が利くというのは、幹事にとって願ったり叶ったりの便利なサービスといえます。
店舗によって、どのようなプランで提供が可能なのかが変わってくるため、利用する際には複数のケータリング会社で見積もってもらうとよいかもしれません。

ドリンクも種類豊富

ドリンク

 さらに、ケータリングで提供可能なドリンク類も種類が豊富です。
食事までの提供は考えていないという場合には、ドリンクだけのケータリングに対応している店舗もあります。
提供可能なドリンクとしては、基本的なコーヒー・紅茶・オレンジジュース・アップルジュース・ウーロン茶・緑茶・ミネラルウォーターなどが揃っています。 コーヒーはエスプレッソ・カプチーノ・カフェラテ・ラテアート・キャラメルマキアートなど、専用の機械を使っておいしく仕上げてくれるため、コーヒー好きの方も十分満足させることができるでしょう。
また、少し大人の雰囲気のイベントでは、ノンアルコールカクテルを提供できる店舗もあります。

こんな場面でケータリングが利用されています

披露宴

ケータリングは、様々なイベント会場で利用されています。
その規模は、大きな会場からホームパーティに至るまで様々です。
誕生会やクリスマス、お正月などで家族や友人と過ごす場合にも、結婚式・忘年会・新年会など会場を借りて催すイベントにも臨機応変に対応できるのが、ケータリングサービスの便利なところです。

さらに、イベントの趣旨や男女比、どのくらいの年齢層が多く参加するのかなど、細かい点が事前にわかればわかるほど、そのニーズに対応するためのプランを多く持っているというところも心強いものです。
大きなイベントになればなるほど、だれもが満足できるプランを、幹事として企画し、提供するのは大変です。しかし、ケータリングの場合には、専門のスタッフがいろいろとアドバイスをしてくれるため、幹事としてもその負担を軽減できることでしょう。

オフィスで忘年会

披露宴

一つの例として、忘年会での利用の場合、ほかの会社や団体とも争奪戦になりながらお店を予約しなければいけない苦労も、ケータリングを利用すると軽減されます。
ケータリングを利用する場合は、仕事終わりのオフィスでも忘年会の会場とすることができるため、どこかのお店を抑えなければならないというストレスは必要ないでしょう。
仕事が終わった後にどこかに移動することもなく、そのまま忘年会へと移行できる手軽さと、いつもの職場が全く異なる雰囲気を醸す華やかな空間になることに、参加者の評判も上々でしょう。

人数・予算・食べたいと思う料理の種類など、イベントの規模や要望に合わせられるため、事前に参加者の意向を聞いておくことで、だれもが満足できる忘年会にすることができるでしょう。
どこかのお店で忘年会を主催するのもよいですが、こうしたメリットを十分に活用してケータリングを利用するもの賢い選択といえます。
新年会でケータリングを利用する場合、また忘年会で予算を大きく使ってしまったため新年会は少しリーズナブルにしたいという場合でも、ケータリングであれば、予算内で参加者が十分に満足できる内容にすることが容易でしょう。

女子会や外国人の方にも人気

女子たち

最近は、女子会でケータリングを利用することも多くあります。
今や女子会は広く浸透しており、レストランや居酒屋などの飲食店でも女子会専門のコースが用意されていることもあります。こうした女子会を、自宅やお好きな会場でケータリングを利用して楽しむこともできるのです。 一般的には、飲食店での女子会プランは、予算や内容が決められています。
しかし、ケータリングは予算に応じたアレンジはもちろんのこと、参加者の好みに応じた食材をチョイスすることが可能であるため、より一層、女子会が盛り上がるのではないでしょうか。

特に人気があるのは、自分では作れないような料理を提供してくれる点です。自宅で女子会を開く場合でも、プロの料理を堪能することができます。
もちろん、単なるデリバリーではなく、ケータリングはすべての料理の提供から配膳、片付けまで含まれるため、自宅で開催した場合でも食後に片づける手間もありません。

外国人のゲストが多くいる場合には、お寿司のアテンドサービスを利用することもできます。そのため、日本の食を満喫したいと思われている外国からのゲストが来る場合にも人気があり、自宅や学校、オフィスなどどの場所であっても、有名すし店のカウンターでお寿司を楽しむかのようにお寿司を楽しむことができます。
日本での良い思い出にすることができることでしょう。

ご予算に合わせたアレンジが可能です

パーティー

ケータリングは、少人数から大人数まで、あらゆる規模のイベントに対応できるサービスです。
では、実際にどれくらいの相場で、利用することができるのでしょうか。
大まかな目安として、一人あたり1000円から対応できるのは、軽食の納品から設置、イベント終了後の機材の撤去までを含んだサービスです。

ただし、この規模になると、ケータリングスタッフがつかないことがほとんどです。そのため、デリバリーと感覚的には変わらないかもしれません。また、軽食の量も全員が満足できるほどではない可能性もあります。
もう少し予算を出せるのであれば、一人当たり2000円ほどで、全員が満足できる量の軽食の納品、設置、回収を依頼することもできるでしょう。ただし、この場合も、ケータリングスタッフが付く可能性は少ないため、いわゆるケータリングの魅力を満喫するというほどではないかもしれません。

乾杯

いわゆるケータリングとしての、イベント会場での食事の提供・配膳・撤収というサービスは、一人当たり3000円程度からとなるでしょう。
専門のスタッフが満足できる料理を提供し、時にはアルコール付きのドリンクの提供も可能となります。さらに、一人4000円ほどの予算であれば、参加者の細かい要望にも応えることのできるサービス内容とすることが可能となってきます。 例えば、ホテルのようなビュッフェスタイルがよいのか、あくまでもボリューム重視がよいのか、食材の質はどうするか、料理のクオリティーはどの程度にするのかなど、細かく打ち合わせをすることが可能です。

さらに、一人あたり5000円以上の予算が組めるのであれば、ドリンクや料理を充実させることはもちろんのこと、会場の装飾なども含めたワンランク上のサービスを受けることができます。フレンチのフルコースなど、一流レストランのようなメニューも実現可能です。
このように、あらゆるシーンにおいて柔軟に対応できるのは、ケータリングならではの利点といえるでしょう。

また、お店でのイベントと異なり、参加者が勝手にプラン外の料理を注文することでいつの間にか予算オーバーしてしまうということもありません。
持ってきている分の料理やドリンクしか提供されないため、ぴったりと予算内で収めることができます。
また、もしも片付けなどを参加者も手伝うことができるなら、ケータリング会社のスタッフを減らすこともでき、人件費を節約して、より安く利用できる可能性もあります。

はじめてのケータリングを利用する方へ

女性

魅力がたくさんあるケータリングは、どのように利用することができるのでしょうか。
基本的な流れとしては、まず、必要事項をケータリングの会社へ伝えることから始まります。
内容としては、開催日時・準備時間・予算・希望人数・イベントの趣旨・ボリューム・男女比・年齢層・会場が決定しているかどうか、またテーブル予定数、その他の演出などです。
こうした点をまずは細かに確認しておくことで、ケータリングの店舗の特徴を活かしたプランを選んでいくことができることでしょう。
もし詳しいことが分からないようなら、できる限り知りえる内容だけを伝えて、あとはケータリング会社にお任せするという方法もあります。
ケータリングの経験が豊富な店舗ほど、その経験から、最適な規模や内容を吟味してくれるため、信頼して託すことができるでしょう。

見積

利用する際に注意したいのは、一つのケータリング会社だけで見積もりをせず、複数の会社から選んでいくことです。
ケータリングの会社にも、それぞれ得意とするところがあります。
ある店舗は、日本食の提供が評価されているかもしれず、別の店舗ではフランス料理が得意かもしれません。また、参加する年齢層によっても、得意とするイベントの内容が各店舗によって異なる可能性があります。
それぞれの店舗の特徴をネットで調べて、一番ニーズに合った内容を提供できそうなところをいくつかピックアップしてみるのもよいでしょう。

まとめ

このように、ケータリングは、お店を予約してイベントを行う場合とは違った魅力にあふれたサービスです。
明確なプランがイメージできていない状態で相談したとしても、経験豊かなスタッフが様々なプランを提供してくれます。幹事に不慣れな場合でも、安心して依頼することができるのも魅力の一つでしょう。

大きなイベントで利用するのはもちろんのこと、まずはホームパーティなどの親しい友人との食事にケータリングを利用してみてはいかがでしょうか。慣れてくれば、急に幹事を任された場合でも、余裕をもってプランを立てることができるでしょう。
今後、ますます多様なニーズに応えていくであろうケータリングサービスの発展に目が離せません。

>>一覧に戻る

NEWS

パーティーの詳細並びにお客様のイメージをお聞かせ下さい。
詳細がまだ決まっていない場合でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

東京のケータリングサービス フェイバリット